2018年 1月 の投稿一覧

富士市で家づくり勉強会参加御礼

先週の日曜日、
マクス恒例の「家づくり勉強会」を開催しました。
この寒い中、わざわざお越しくださったお客様、本当にありがとうございました。

この勉強会「第三者的な立場で、家づくりで本当に大事な部分をお伝えします。売り込み一切ナシで」という、何とも良心的な勉強会です。
実際、あまりにも内容が濃すぎるので、参加するのが二回目というお客様もいらっしゃいました。

まずは「素材編」と題しまして、社員大工の丸山大工が「木」についてのお話を。
大工ならではの視点で話す内容は、メリット・デメリット含めてとても納得できる内容。
人前で話すのが、えーかん(=とっても、の意。静岡弁)苦手と言いながら、説明を終えて満足げな丸山大工。

手の甲にいっぱい単語がなぐり書き(笑)涙ぐましい努力があってこそ。

その後は、マクス鈴木社長が「家づくりで大事な事」を分かりやすいパワーポイントを使ってご説明。
何度も聞いていますが、毎度少しづつ内容がアップデートされているので勉強になります。

勉強会終了後、
床の補修を実演したりと、今回も非常に濃い内容でお客様も大満足の様子。

参加された皆様、本当にお疲れ様でした!

以上っ

スタッフ全員で現場検証とモールテックスの見学

先日、御殿場市小山町の新築住宅にて、スタッフ全員で現場検証に行ってきた事+浜松の工務店「入政建築」さんがモールテックスの見学に来社されたのでそのご報告を。
マクスの現場では、引き渡し前に必ず全員で現場を見に行きます。

目的は「細かい納まりや共通の決まりごとを全員で共有する為」です。
写真は、サッシ周りの確認をしているところ↓↓↓

場所を変えて、もう一軒の現場に向かいます。

少し経ってから、鈴木社長が浜松の入政建築御一行様を連れて合流です。
新建材のモールテックスを自社で使ってみたいとの事で浜松から見学にいらっしゃいました。

「ちいきのびお」の研修で一緒だった新くんとも久しぶりに再開です。
彼、最近youtubeで色々と試行錯誤しながら頑張ってるみたいです。

モールテックスの最終仕上げのBEALWAX(=ビールワックス)の施工も見ていただきました。
天然植物性オイル・蜜蝋をベースにしたビールワックスは、昔よく見た自動車用の半練りワックスのような感じで、
施工中の匂いもほぼ車の半練りワックスと同じです。

そしてモールテックスで仕上げたキッチンにはシンクも取り付けられ、後は水栓・排水の接続をして完了です。

さらに玄関土間にもモールテックス。独特の表情で良い感じです。

新建材だからと言って躊躇せずに良い物はどんどん使う。
もし万が一、不具合があった場合は責任を持ってやり直す覚悟があってこそのこと。
他の工務店では中々出来ないからこそ、注目されているのかなと。

使う材料も工法も工務店も、パソコンみたいに常にアップデートしてより良くしていく事が大事なのかなと、ふと感じました。

テレビでアシストプラスアルファが紹介されます

おはようございます、勇太です。
今日はアシストプラスアルファがテレビで紹介されますので、その宣伝を。
1/27(土)15:25~チューリップテレビで放送される「生活プラスわん」という番組内で、
弊社が紹介されます^^
撮影場所は、富山市百塚にあるモデルハウス「杉の家」

撮影に協力してくれたのは、私の兄家族だったんですが、
「俺、あんなガッツリ顔出ると思ってなかったわ、、、顔出しNGってアンケートに書いたのに…」と兄氏。
お疲れ様ですw

1月中旬に撮影したのですが、撮影日は奇跡的に晴れまして、
前日の雪とも相まってとーっても良い画が撮れました。良かった♫

地方ローカル番組なので、富山の方しか見ることが出来ませんが、お時間ある方は是非御覧ください。

放送日:1/27(土)
時間:15:25~15:54(30分番組の中でアシストの紹介は約4分)
番組名:生活プラスわんテレビ
CH:チューリップTV(6チャンネル)

以上、よろしくお願いしますっ!

御殿場市の新築住宅で大開口サッシが設置されました

以前、サッシの搬入の記事を書きましたが、久しぶりにその現場に行ってきましたのでそのご報告を。
南側に面したリビングの前には、全開で約4mの大開口サッシが。

そして大開口サッシが据えられた南側の軒の出は約2m。
夏は直射日光を遮りつつ、
太陽高度が低い冬の時期は、室内に太陽の光が入るので、ポカポカです。
これぞパッシブデザイン、太陽に素直な設計です。

サッシ上の狭いスキマには、キッチリとウレタンフォームを吹いていきます。
最終的には見えなくなる部分ですが、断熱性・気密性を保つための大事な作業です。


サッシ周りの防水は、水返しが付いたパッキンでもしもの時の為に備えます。

何度も書いてますが、木造住宅は常に水(=結露)との戦いです。

木は乾燥状態だと腐りませんが、水に濡れると一気に腐り、家の寿命を縮めてしまうので、念には念を入れて施工します。

工事はまだまだ序盤戦。

また追って報告していきます^_^

富士宮市上井出の新築住宅で珪藻土DIY

山梨県との県境近く、富士宮市上井出の新築現場でお客さんと一緒に珪藻土を塗ってきましたのでそのご報告を。
モスグリーンのガルバリウムの外壁に片流れの屋根、マクス標準の樹脂サッシ+トリプルガラス仕様。
南側に目一杯開かれた高断熱住宅です。


いつものごとく、はるばる広島から珪藻土メーカーの井筒氏に来て頂き、DIYスタートです。

今回のお施主さんのNさんは、とーっても飲み込みが早く、上手+スピーディに塗り進めるのを見て、
「あ、今日自分の出番はなさそうだな、、、」と思い、一面だけ塗って後はサポートにまわることに。
珪藻土DIYの目的は
お客さんに楽しんで壁を塗ってもらうこと
なので、お客さんのサポートに徹します。良い思い出にしてもらいたいですしね。

今回のメンバーは、
施主さん2名・井筒氏・職人5名・マクス3名の計11人。
万全の体制で臨んだため、
昼過ぎから手持ち無沙汰になったワタシ。

職人のコテ入れを見て「なるほど」と思い、、、

マクスの左官道具ケースをダンボールで仕切ってみました。
「どんだけコイツ暇やねん」とかいうツッコミは無しでw

無事に珪藻土も塗り終わり、残った珪藻土を持ってモデルハウスへ。
先週の完成見学会の片付け時、珪藻土の壁にキズをつけてしまったのでその補修です。
良かったあ~っ!珪藻土で!

ものの数分で補修は完了。
乾けば同じ色になります。
クロスだとこう簡単に補修は出来ませんからね。珪藻土のメリットです^^

今週末はモデルハウスで家づくり勉強会なので、ぜひ補修跡も見て頂けたらと思います。
まだ1組空きがありますので、お近くの方は是非お越しくださいませ。お申込みはコチラから(マクスHPにリンクしています)